Cooking Class in Sydney
Sumi’s Kitchen 


今月の独り言・・・・ 

                                                             トップページ

2016年11月

今年も残すところ、11月のクラスのみになってしまいました。
楽しい1年を、皆様とご一緒することができ、感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

恒例クリスマスパーティー!
今年は、元Uchi Laungeのシェフ Uchiさんがご馳走を作ってくださいました。美味しかったですね〜
 
            (Facebookを是非ご覧ください!)

皆様、良いお年をお迎えください。
そして、来年も平和でおだやかな1年になりますように。


2016年10月

大好評、旅館豪寿庵での精進料理クラス。
次回のご案内です。

日時:2016年10月22日【土】10:30−13:30 
場所:旅館豪寿庵
費用:$70

メニュー
Futo maki  - Big sushi roll
Spring soup
Watercress and fresh shiitake salad with mustard sauce
Shinoda maki ? Bracken wrapped with fried tofu
Pickles
Japanese sweets

お申し込みは、豪寿庵のウェッブサイトからどうぞ!
Ryokan Gojyuan


2016年9月

皆様こんにちは!
シドニーはすっかり春の陽気です。

さて、スクールホリーでがもうすぐはじまりますね。

今回も、Nutri OZ Kids スクールホリデー 料理裁縫クラスを開催します。詳細はこちらをご覧下さい!

大人気クラスです。
お申し込みは、info@sumiskitchen.comまでお早めにどうぞ!


2016年8月

皆様こんにちは!
オリンピック、見ていますか?

シドニーに住んでいると、オーストラリア、日本、どっちを応援しようか本気で迷ってしまうゲームもあります。
でも、基本は「日本!」ですね。

個人的には、やはり、テニスの錦織圭選手の銅メダルはうれしかったです。ナダルに勝利しての銅。。。なんだか錦織選手が勝つのは当たり前のようになってきましたが、日本人選手がテニスで世界ランク上位にいるなんて、やっぱり、すごいですよね。



2016年7月

皆様こんにちは!
今回も大好評、子供スクールホリデー料理裁縫クラス 無事に終了しました。


丸ままアップルパイ、門司港カレー、ジャーサラダなどなど、たくさんの子供たちは面白い料理に挑戦してくれました!
裁縫は編み物と、かわいい洗濯ばさみクラフト。

自分で料理ができるって、楽しいですよね!

次回の子供クラスは、9月26日&27日です。


  


2016年6月

皆様こんにちは!
ここ数日、シドニーはとても寒い日が続いています。


6月のクラスは「懐石料理」でした。
皆さんご参加ありがとうございました!


 
             
タイのお刺身 

     
アイフィレたたき柚子胡椒   かぶら蒸し-萩仕立て


2016年6月

皆様こんにちは!
Sumi's Kitchen
火曜日昼間のクラスですが、6月から、木曜日昼間のクラスに変更になりました。

細かいスケジュールはこちらをご覧ください


5月の魚クラス、たくさんの皆様にお越しいただきました!
ありがとうございます。


 
 
 


2016年 5月
旅館豪寿庵
精進料理ワークショップ開催します!

日時:5月22日(日)10:30−1:30
費用:$70

メニュー:材料の関係で変更の可能性もありますのでご了承ください。
*Chestnut rice
*Kenchin soup
 (Clear soup with vegetable and scramble tofu)
*Sesame tofu with wasabi
*Deep-fried mixed kebabs
*Tasty simmered eggplant and Deep fried tofu
*Sugar Coated Seasonal nuts


予約:こちらからどうぞ

皆様のお越しをお待ちしております!

2016年 4月
ホリデー子供料理裁縫クラス、終了しました!
今回も10名の元気な皆さんが参加してくれました。
男の子もたくさん来てくれました。

 
★キャベツたっぷり油揚げハンバーグ と 人参のポタージュ
デザート

  
手作りバック


お裁縫中

次回のホリデー子供クラスは、
7月4日&5日 です!
お申し込みはお早めに!


2016年 3月

お待たせいたしました!
大人気クラス「ホリデー子供料理裁縫 Nutri OZ Kids 4月クラス」
開催します!

今回のテーマは 「エコ&リサイクル!」
内容盛りだくさんです。
皆様、是非ご参加ください。


   

2016年 3月 夜のクラス 「西洋野菜を日本風にアレンジ!」

   

 


2016年 2月

アシスタントです。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
数年ぶりに日本に帰国しました。
いやいや、おいしかったです!
冬なので、カキ氷は食べられないと諦めていたのですが、京都の一角で食べる子とができました。しかも、こんなに大きいなカキ氷!
右は皆さんご存知の「抹茶」ですね。
さあ、左はなんだと思いますか?
これ「杏仁豆腐カキ氷」です。とってもおいしかったです。

 

2015年12月

クリスマス子供料理クラス 楽しくステキなシュークリームクリスマスツリーを作りました!


 

2015年10月

9月子供料理先方クラス終了しました。

パーティー料理、パーティーデコレーション、全部自分で作りました。

  

   

今月の一言 2015年09月

シドニーは春です。暖かくなってきました。
花粉症の方もちらほらみかけます。
今月の夜のクラスは「韓国料理」。日本人の口にあいますよね。
でも、なかなか本場の味が作れない。。。そんな方、是非今月の土曜夜クラスで韓国料理の極意を楽しんでください!

子供ホリデークラスも、残り数席です。
お申し込みはお早めに!

お申し込みは、こちらから


今月の一言 2015年08月

シドニーは寒いです。
先週、春の陽気? と思いきや、今週は朝は氷点下になるほどの寒さ。
それに比べて、日本は猛暑とか。。。
お互いに想像もできないですね。(笑)

さて、今月の夜のクラスは「各国色々おもてなし料理」です。
お客様へのお料理って、本当に悩みますよね、
是非この機会に、レシピを増やしてください。
お申し込みは、こちらから

今月の一言 2015年07月

子供料理裁縫 7月ホリデークラス 無事に終了しました。
今回も元気な子供達がたくさん集まってくれました。
急遽、マスターシェフ対決で、デザートの盛り付けコンペティションをしました!
皆、楽しかったね〜

子供ホリデークラス、次回は9月28日&29日です。 お楽しみに!



今月の一言 2015年06月

子供料理裁縫 7月ホリデークラス 申し込み受付開始いたします。
クラス詳細はこちらをご覧下さい。
大人気クラスです。お申し込みはお早めに!

2015年05月
皆さん、母の日はどのように過ごされましたか?

我家は、長女から’手作りのクッションカバーをもらい、
次女からこれまら手作りのフェルトネックレスをもらいました。
主人からはディナーのご招待。
そして朝ごはんも作ってもらいました。

でも、普通に洗濯して、掃除して。。。友だちに「母の日だけど、普通に家事はやっぱりやらなくちゃダメね。」なんて愚痴っていたら、その友達から、「普通でいられることが1番幸せ!」というメッセージが届きました。

本当ですね。。。普通でいられる、いつもの日常でいられるって幸せですね。 ということで、ステキな母の日でした。

アシスタント


2015年04月
子供ホリデークラスが終りました!
母の日用のカードを作ったり、刺繍をしたり、充実した2日間でした。
子供は刺繍が大好きですね。皆集中してチクチクがんばっていました。
次回は 7月6日&7日 です!



 


2015年04月

今月の豪寿庵でのワークショップ、夏の精進料理 終りました。

  

  


2015年03月

今、流行のジャ−サラダを作りました。
作り方はいたって簡単、順番に野菜をつめていくだけです。ただ、美味しく仕上げるには、まず、ドレッシングを入れ、次にマリネにしても美味しい野菜:人 参、大根、カプシカン、きゅうり、豆の缶詰、パスタなど、次に、少し柔らかめの野菜:トマトやアボガド、最後にしんなりさせたくない葉物、クランチ−に食 べたいナッツ類を詰めます。なるべく隙間をなくす様にした方がいいみたいです。これを、しばらく冷蔵庫などで、保存(2時間〜半日)しておくと、美味しい サラダになります。お弁当や、夕食用の仕込みにばっちりですね




2015年02月

明けましておめでとうございます!
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

2015年のクラス 受付開始いたしました!

今年のSumi’s Kitchenも、盛りだくさんでお送りいたします。  
皆様、お誘い合わせの上、是非ご参加ください!

●マンスリー「世界食べ歩き教室」昼間のクラス
●マンスリー「世界食べ歩き教室」夜のクラス

●グループレッスン
●精進料理ワークショップ
●子供ホリデー料理&裁縫教室

お申し込みは こちら まで!


今月の一言 2014年11月

Sumi's Kitchenでは、シドニーの公立学校、私立学校からのリクエストにお応えして、寿司ワークショップを開催しています。
(Japan Club of Sydneyからの依頼を受けています。)
あなたの学校でもいかがですか?
お問合せは、こちらへお気軽にどうぞ!

   

   


2014年9月

子供ホリデー料理裁縫教室終わりました!

        
 
今回は、ハロウィンハイティーパーティー! スコーンやサンドイッチ、手作りジャム、手作りソーセージロールにも挑戦しました。

お裁縫は、オリジナルタオルかけ!
  


2014年8月

旅館豪寿庵での精進料理ワークショップ、終了しました!
オージーの方がほとんどで、皆さんとても熱心で、教えるこちらにも力が入りました。
今回は、冬の精進料理ということで、以下のメニューを作りました。
 *生姜ご飯
 *けんちん汁
 *精進揚げ
 *そば寿司
 *蓮根の酒煮
 *漬物

  


2014年7月

シドニーは寒さが増しています。朝晩、とても冷え込む日が続いています。こんな日は、煮込み料理!7月の大人クラスはヨーロッパの煮込み料理特集です。

昼間のクラス:7月15日(火)10時〜14時
夜のクラス: 7月26日(土)18時〜


2014年6月

ロイヤルイ−スタ−ショ−の” Arts Preview Evening“に行ってきました。今年も色々な作品が展示されており、おもしろかったです。
本当に下手っちょですが、これが今年の作品です。土台以外はアイシングシュガ−(粉砂糖)で作ったものです。


2014年5月

シドニーは、秋休みが終わり、学校は2学期を迎えています。
季節は秋。朝晩、かなり冷え込むようになってきました。

秋休み中の子供料理裁縫クラスは、イースタースペシャルと題して
色々なお料理、イースターにちなんだ裁縫を満喫しました。
詳細はこちらをご覧下さい。

次の子供ホリデークラスは、7月の冬休み中です。
2014年7月7日〔月〕&8日〔火〕9時半〜3時


皆様の参加をお待ちしております〜

2014年4月

SBSラジオ放送に出演しました!
www.sbs.com.au/japanese

デ−ライトセ−ビングも終わり、いよいよ秋。
秋といえば、栗!

3年前に栗拾いに行った事があるのですが、結構大人も楽しめます。
同じ労働でも、食べるものを集めるとなると、力がはいります。

栗拾いに行き、ついつい食べきれないほど持ってかえってしまった場合、どうしますか? 

上手に保存さえすれば、長期間美味しく頂けます。

栗の甘さを引き出す
1、栗を低温(0度)で貯蔵しておくと、少しづつ糖度があが
  り、4〜6週間もたつと約3倍の甘さになります。

2、それから、冷凍庫にいれておくとかなり持ちます。

3、栗の皮むきは圧力釜で。
  圧力釜で栗をゆでると気圧の差により皮が簡単に
  むけます。
  まず、先っぽのとがったところに包丁かはさみで
  バッテンの切り込みを入れます(約5mmぐらい)
  必ず入れて下さいね!!

  そして、栗がひたるぐらいのお水を鍋に入れ、
  加熱スタ−トです。圧力がかかり、しゅっしゅっと
  いい出したら約2〜3分加熱します。
  火を止め、水を徐々にあてながら冷やします。
  切り込みの深さで、鬼皮のみ、渋皮もむけるなど
  調整できます。
  むいた栗は、栗ご飯などで召し上がってください。

栗のペ−ストを使う
ビンや缶に入った栗のペ−ストなら、いつでも利用できます。

簡単に出来るモンブランパフェをご紹介しますね。



今月の一言 2014年3月

2014年 子供ホリデープログラム 開催します!
今回は、「イースタースペシャル」 です。 
イースターと言えば。。。 うさぎ? 卵? 
さあ、どんなお料理になりますか! 乞うご期待!!
お裁縫は、基本の縫い方も学びますよ。
簡単なクラフトも準備しています。

皆様、お友達とお誘い合わせの上、是非ご参加ください。
人気クラスですので、お早めにお申し込みください。

<大人クラス>
3月のテーマは、「徹底的に白身魚料理!」 です。

3月の夜のクラス:3月29日(土)18時〜
 参加者募集中!

2014年クラス案内 ←詳細はこちら!


今月の一言 2014年2月 No2

2014年初、夜のクラスが開催されました。
テーマは「薬膳料理」。
メニューは、

 鶏のおかゆ
 バンバンジー
 冬瓜と海老のあんかけ
 金鉢菜の煮物
 杏仁豆腐クコ入り

 

  

男性も女性も楽しく美味しく健康な夜を過ごしました。

3月のテーマは、「徹底的に白身魚料理!」 です。
3月昼間のクラス:3月11日(火)10時〜14時 終了いたしました!
3月の夜のクラス:3月29日(土)18時〜
 参加者募集中!

2014年クラス案内 ←詳細はこちら!

お申し込みは、こちらから!!

今月の一言 2014年2月

ソチ冬季五輪が開催されています。シドニーでは時差があるので朝起きて、スポーツニュースをチェックする毎日
です。

さて、2014年夜のクラスが開催されます。初心者大歓迎!皆様、お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

2014年クラス案内 ←詳細はこちら!

お申し込みは、こちらから!!

今月の一言 2014年1月

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくおねがいいたします。

今年は馬年ですね。
馬のごとく、今年も元気に1年間、走り続けたいと思います。

2014年のクラス詳細は、こちらをご覧ください。
2014年クラス案内

お申し込みは、こちらから!!


2013年 11 月

Sumi's Kitchenの才川須美先生、ラジオ出演のお知らせです!

日時:2013年11月12日(火) 22:00-23:00
SBSラジオ日本語放送 SBS radio1 1107am

須美さん、何で出演するんでしょうね?
それは聞いてのお楽しみです〜

皆様、どうぞお楽しみに。


2013年 10 月

September School Holiday Nutri OZ Kids/子供料理&裁縫教室が無事に終了しました。
ハロゥインスペシャルの今回は、ハロゥイン物をたくさん作りました。
参加してくれた皆さん、ありがとう〜 とっても楽しい2日間でしたね。
詳細はこちらをどうぞ

 

2013年 9月

シドニーはすっかり夏です!
先日、須美先生は、とあるガーデンでの、日本文化紹介イベントに、着物姿で参加されました。
ご自分で着付けることができ、満足〜 とおっしゃっていました。
なかなか、着物を着るチャンスはありませんが、やはり、日本人!
気持ちが引き締まりますね。


2013年 9月

夏か?! と思うような暖かい日が続いたと思ったら、冷たい風がピューピューのシドニーですが、皆様、いかがお過ごしですか?

9月の精進料理クラスのご案内です。

毎日の献立に使える精進料理を一緒に学びませんか?
野菜や豆腐、豆類のレパートリーを増やしたい方、是非ご参加ください。
手作り出汁で美味しく体に優しいレシピ満載です!

201393日(火)10時~14時


2013年 8月

行ってまいりました、ウィンタースペシャル魚料理クラス!
いやいや、美味しくて、お腹一杯、大満足でした。
え、ちゃんとお魚料理の腕を磨いたかって?
もちろんです!3枚卸ができるようになりました!!
棒寿司が作れるようになりました。アワビのお刺身が作れるようになりました〜〜〜 いやいや、もっとたくさんのことを学びました。
これで、シドニーに住んでいながら、美味しいお魚(和風)料理が自宅で作れそうです。

次のスペシャルクラスは、10月8日(火)オージービーフ!
お申し込みやご質問は こちら からどうぞ!


2013年 7月
アシスタントから今月の一言


オーストラリア在住の皆様、お魚料理ってどうされていますか?
私は、いつもサーモン。。。時々、白身魚、、、時々お刺身。でも、お刺身も毎回サーモンかマグロ。滞在10年ですが、全くレパートリーが増えません。

8月のウィンタースペシャルクラスは「魚料理」です。
オーストラリアで手に入るお魚を使った、目からウロコの数々のお魚レシピ満載です。
お刺身も、ただのお刺身料理じゃありませんよ〜 乞うご期待!!
人数に制限がありますので、お申し込みはお早めに!


ウィンタースペシャルクラスは「魚料理」詳細はこちら
お申し込みやご質問は
こちら

講演会のご案内
JCS(シドニー日本クラブ)の土曜学校で、以下の日程で講演会を行います。
              
8月3日(ノ−ザンビ−チ校)

詳細は、JCSにお問合せください。
http://www.japanclubofsydney.org/



2013年 6月
 Nutri OZ KIDS      
新ホリデープログラムのご案内

ホリデー1日ビギナーズ料理クラス
お母さん/お父さんと一緒にクッキング!


いつも忙しいお母さんやお父さんと一緒にお料理ができるなんて、お子様にとっては最高の1日です。 
子供の食育は、まずお母さんやお父さんの真似事から始まります。
一緒にお料理する事で、何かがお子様に伝わるはず!

2013年 4月

2013年 スクールホリデープログラム 第一弾が無事に終了しました。
今回の料理クラスでは、野菜の切り方を学び、卓上ホットプレートを使ったレシピを作りました。これで、卓上ホットプレートの日は、お子様に作ってもらえますね!

お裁縫クラスでは、お父さんやお母さんのお古のシャツを使って、クッションを作りました。皆さん、思い思いのデコレーションをほどこし、かわいいクッションができあがりました。

クラス中にしあがらなかった子も、ちゃんと仕上げて写真を送ってくれました!かわいいのができたね〜


2013年 3月

今 年もロイヤルイースターショーにシュガークラフトを出します。お題は「季節」今年は雨が多かったせいで、なかなか思うようにシュガーペーストが固まってく れませんでした。でも、参加することに意義があり!です。時間のある方は、是非見に来てください。他のアートもたくさんあって面白いですよ〜


展示されるシュガーペースト  「季節」


2013年 2月

シドニーは、2月(真夏)にもかかわらず、秋の気配を感じる程、涼しい日が続いています。
節分、皆さんはどうされましたか?
節分の日には、炒った大豆を鬼にぶつけ、今年一年の幸運を祈る風習があります。
我が家の子供たちには、後の掃除が大変なので、派手にまかないでと言うのですが、思いっきり鬼(主人)にぶつけていました。今年もたくさん福が入ってきそうです

2013年 1月

明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いいたします。

シドニーは、長いスクールホリデー(夏休み)真っ只中です。
今年は、暑かったり(40度近く!)寒かったり(20度弱)、気温差の激しい夏ですね。暑くないはずのタスマニアで大きなブッシュファイヤーの被害が出てしまいました。まだまだ、暑い日が来るそうです。皆さん、お気をつけて。


さて、私事ですが、庭の野菜畑に何気に植えた「オクラ」が
実をつけました。綺麗な黄色い花が咲いたな〜と思ったら、花が散った数日後には、オクラのかわいいお尻(?)が出てきて、その数日後には綺麗な実になりました。自分で植えて作った野菜を食べるなんて、贅沢なことですね。とっても美味しかったです。
 オクラの種はシドニーでも売っています。
                              アシスタントより

 


2012年 12月

2012年も、残すところ約1ヶ月になりました。
Sumi's Kitchen恒例のクリスマスパーティーも、先日無事に終了しました!
今年は、男の料理クラスメンバーが、お好み焼き、モダン焼き、タコ焼き、オムソバ等々、たくさんの美味しい懐かしい日本の味を作ってくれました。
皆さん、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

恒例ゲーム大会は、頭脳クイズで盛り上がり、昨年ワースト賞のSさんが、今年は優勝しました!おめでとうございます〜

来年も、皆さんと楽しいクリスマス会を催せるよう、また1年がんばります!
                                                           アシスタントより
              
      

2012年 11月 

シドニーは夏です!
まだ、朝晩涼しい日が続いていますが、街中にジャカランダの花が咲き、気分がワクワクしてきます。

と同時に、大忙しの年末です。お店には既にクリスマス商品が並んでいます。
もう、2013年が目の前ですね。




さて、2012年の料理教室も、残すところ、11月のみとなりました。下記日程で11月のクラスを開催いたします。
皆さん、お誘い合わせの上、ご参加ください〜


11月: 大人のクラス スケジュール
     11月17日(土)5時半PM〜  BBQ焼き鳥に挑戦
     11月20日(火)10時〜2時  パーティー料理
     11月22日(木)10時〜2時  パーティー料理

                                               アシスタントより

2012年 10月 

9月のスクールホリデーも終わり、2012年も残すところ、約3ヶ月間となりました。
今年は、暑く、雨の少ない夏になると予報されていますが、今のところ、まだ、風が冷たいですね。(といっても、既に数日、真夏日がありました。)

さて、9月の子供料理&裁縫教室、無事に終了いたしました。
春のお弁当を作ったり、Tシャツをリサイクルして、自分の好きなタンクトップを作ったり、真剣に自分の作品の取り掛かっている子供の集中力はすごいですよね。 さあ、次のホリデーは、「クリスマスケーキに挑戦」です。
皆様、お楽しみに!!

アシスタントより

   

2012年 9月 Food Cnpetitions!

最 近お茶をまた習い始めました。さすがにウン十年前に習ったきりなので、すっかりお作法は忘れていますが、異国の地を忘れるようなお茶室での一時、落ち着き ます。すみ先生の(なんとお茶の先生も“すみ”さんです。)手作り和菓子は見逃せません。ご興味のある方、ご一緒しましょ!

連絡先:ジャクソン珠美(すみ)
Mobile:0425 356 031
E-mail: sumionly@yahoo.co.jp

  

2012年 7月 Food Cnpetitions!

アシスタントより

須美先生が料理コンペティションに出場しました〜!
和食をコンセプトにして、前菜、メイン、デザートの3品を2時間で作る。という勝負でした。
 須美先生の作品

それにしても、料理コンペティションって、すごい緊張感と真剣勝負な場所なんですね。

また、参加者の皆さん(アジア系の方が多かったですね)の作品が、すごく綺麗で、料理は盛り付けで決まる! と感じました。(味見はできなかったので。笑)

皆さん、和食 ということで、ゆず、抹茶、蕎麦、など、和食の食材をとても上手に使っていました。


    





 

  

 



2012年 6月

5月のアジア各国麺料理で習った 「揚げそば五目あんかけ」既に我が家の定番になっています。自宅の冷蔵庫にあるお野菜で、簡単にあんかけを作ることができるので、子供達にも大人気! 簡単で、しかもお野菜がたくさん食べられるレシピって、嬉しいですよね。

2012年 5月

アシスタントより


今日は、お料理教室の日。今月のテーマは 「アジア各国麺料理」 美味しかったです〜〜 
まだ木曜日クラスが残っているので、内容は秘密ですが、美味しい麺料理を堪能させていただきました。
自宅でも簡単にできる内容だったので、是非挑戦したいと思っています!

2012年 4月

スクールホリデー子供家庭科教室 無事に楽しく終了いたしました。大きい子のクラス、小さい子のクラス分かれ、二日間、お料理と編み物に没頭した子供達。編み物って集中力もつきますね。クラスレポート、近日公開予定です。お楽しみに。


2012年 1月

オー ストラリアの12月〜1月末は、長い夏休み期間にあたり、在豪されている方の中でも日本に一時帰国される方も多いと思います。私もここ3〜4年はお正月を 日本ですごしています。特に今年は、長男の高校卒業を記念し、家族で日本旅行することにしてありました。「どこへ行こうかな〜、広島の原爆記念館は見せて おきたいし。」という事で、広島県、山口県を中心に家族で旅することにしました。

今回、旅した門司港、下関、萩、広島、厳島、尾道は、歴史的に興味深い所で、平家、源氏から始まり、幕末頃の獅子達が活躍した 地方です。どちらかと言うと日本史の苦手な私ですが、大変いい勉強になりとても楽しめました。特にオーストラリアで育った子供たちは、日本の地理や歴史を 習うチャンスが無かったので、いい勉強になったと思います。萩の博物館で、3時間にもわたり萩の歴史を説明して下さったボランティアのおじ様、ありがとう ございました。萩の歴史と街の素晴らしさがよくわかりました。

さて、旅と言えば、観光はもちろんですが、他にも楽しみがあります。そう、<ご当地グルメ> つまり、食べること!

これだけ、流通が発達した日本でありながら、まだ、地方でしか流行っていない物があるのですよね! 一部を紹介させて下さい。

◆門司港の焼きカレー 

ご飯の上にカレーライスとチーズ、卵などをのせ、オーブンで焼いたカレーライスの一種。 
レストラン:Bear Fruits   http://bearfruits.jp/m/index.html  癖になるような味。


歴史:「焼きカレー」の始まりは昭和30年代の福岡県北九州市門司港の喫茶店といわれている。当時、余ったカレーをグラタンドリア風にオーブンで焼いたところ、実に香ばしく、美味しく仕上がったので、のちに店のメニューとして出し、好評であったという逸話が残っている。

門司港は、九州の最北端に位置し、明治から戦前にかけて国際貿易港として繁栄した港町。洋食文化がいち早く発達したことから、「焼きカレー」といったハイカラメニューが誕生し、手軽に作ることができたため家庭料理としても広まっていったようである。 現在でも30店舗以上のお店で焼きカレーが提供され、門司港の名物料理として親しまれ「焼きカレーMAP」が作成されるほどご当地グルメとして定着している。また市内全体にも提供する店や専門店があり、地元宅配ピザチェーンでも取り扱うなど広がりをみせている。ウィキペディアより

       


◆ふぐ

確かに門司港や下関でもふぐは食べた。でも、東京や大阪で食 べるふぐと比べて違う?と聞かれれば、「ん〜?」と言うのが正直なところ、そしたら、萩で、タクシーの運転手さんが紹介してくれた割烹の大将が、天然ふぐ が生簀にいるよという話になり、再度ふぐに挑戦することに。特に今回は、養殖ではなく天然ふぐだぞ〜!なんと特別にふぐを卸すところまで見せて頂き、超 ラッキー!子供たちも大興奮。子供たちは心の中で、「ふぐとは毒がある魚であり、毎年何人かは中毒で亡くなっている、その魚を目の前で卸す、うわ〜〜えら いこっちゃ!」と思ったみたいです。一応私もふぐを下ろす資格(ペーパードライバーではなく、ペーパー卸人です。)はあるのですが、、、、ふぐって、体の 作りが鶏に似いている。 ふぐの皮は3層からなり、一番外の皮をシャミ皮(ザラザラした皮)、真ん中の皮を本皮(プリプリした皮)、内側の皮を身皮(身が ついている皮)というそうです。皮を剥がす時は、1層づつ剥がしていくのですが、なかなか技術のいる仕事の様。一番美味しいのは、やはり本皮で、ゼラチン 質のもちもちした触感が味わえる、実際、細切りにした本皮をポン酢で頂いたが、わぁ〜〜、口の中でとろけてなくなった、いや誠に珍味。お店によっては、一 番外の皮、シャミ皮を使うらしく、このあたりにお値段の差がでてくるらしい。そう言えば、門司港で試したふぐ屋さん、お通しでてきた皮の煮こごり、黒い皮 が一杯入っていたっけ、、いや、奥が深い。



 



◆広島焼き
広島市だけで800軒以上あると言われている広島焼き屋さん、当地では、みんな、広島焼きではなくお好み焼きと呼んでいるので、びっくり。。関西人の私にとっては、ちょっと違和感が、、。1950年頃に発生した屋台街(後にお好み村になる)で開業したみっちゃんの 井畝井三男と善さんの中村善二郎が広島風お好み焼きの元祖と言われている。今回、広島の友達から「お好み村はバイトの子達が焼いているから、いまいちだ よ。」と言われて、“みっちゃん総本家http://www.okonomi.co.jp/”に行ってきた。うっわ〜〜長蛇の列!普段、並ぶの大嫌いな家 族だが、がんばって並んだよ!! やっぱ美味しかった。




◆あなご飯の上野
これも広島の友達から、美味しいから是非行ってこいと言われたお店。http://www.anagomeshi.com/ 宮島行きのフェリー乗り場の近くにあり、メニューは穴子飯、と白焼きのみ。うなぎのような脂ののりはないが、このあっさり、しかも味が濃縮したところが美味しいね。周りの店がすいているのは、やはり、ここが美味しいという事かな?!






◆焼き牡蠣

広島と言えば、牡蠣。どこの店でも牡蠣料理は多い、ただ、意 外にレストラン(高級店は違うと思う)で生牡蠣は食べられない(事前予約が必要との事)。焼く、蒸す、揚げる、炒めると火を通したものが一般的、どうして かと聞いてみたところ、やはり食中毒が心配だから、、え〜、そうなんですか?ご当地なのに、、?オーストラリアなんか、夏でも生牡蠣を食べる(日本は冬の み)よ〜。

生の牡蠣と火を通した牡蠣って、全く味が変るから不思議。同じ醤油で食べるのに、焼き牡蠣には独特の香りと味がある。牡蠣が大好きなうちの子供たち、ここぞとばかり1ダースずつ食べました。今回、お土産用に買ってきた牡蠣醤油もなかなか使えそう。




 


◆ おきな堂のもみじ饅頭:駅やデパートなど、いたる所に売っているが、焼き立てを1個から購入できるこのお店はちょっと特別!。最近ではあんこ以外に、ク リーム、チーズ、チョコなど種類も様々。確かに、あのふかふかした甘い生地にチョコレートが合わないわけがない。この他にもおきな堂は、賞味期限3日の四 季限定“春小町”、“小夏もみじ”、“栗もみじ”、“雪もみじ”も味わえる。



2011年 12月

2011年の大人のお料理クラスは全て終了いたしました。そこで、先日、生徒の皆様と一緒に、クリスマスパーティーを開催しました。
高久シェフの 「フランス料理に和をプラスしたお料理」 に大満足の後、恒例のゲーム大会!今年は、高度なゲームを選んだにも関わらず、パッパと回答が出るところ、さすがにSumi’s Kitchenの生徒さん!!
大いに盛り上がりました〜

公人バーテンダーによる、バー公人も大好評でした。
公人さん、ありがとうございました。

         来年も、皆様にとって素敵な1年でありますように!

  

2011年 11月
大人気クラス子供料理教室で、クリスマスケーキクラスを開催します。
今年は、下記の2クラスを開催します。
★Little Nutri OZ kids/Cooking with Mums(3歳〜Yera1まで)
Nutri OZ Kids/ Christmas Cakeに挑戦 (Year2〜)

2011年 10月

◆From アシスタント


シドニーは春から初夏の爽やかな季節です。
現在は、日本で言う「春休み」 スクールホリデーです。
私事ですが、このホリデー大変な事が起きました。

我が家は4歳、6歳、私たち夫婦の4人家族。家族親戚一同は日本に住んでいます。そんな私達家族を襲った悪夢とは。。。

このホリデーのある日、下の子が熱を出しました。40度。。。まあどうしましょう〜なんていっている間に、上の子が・・・40度・・・まあまあどうしま しょう?と言っている間に、主人が40度〜〜〜ひえ〜〜と言っている間に、私が40度。。。皆さん、40度の熱って出したことありますか?私は人生初めて でした。40度熱が出ると、意識は朦朧、起きている事も困難、息も絶え絶え・・・体はブルブル寒さに震え、でも、熱はある・・・という最悪の状態でした。 どうやってこの難局を乗り切ったのか覚えていないほど、何日経過したのかも記憶は定かではありません。こうゆう時、頼れる親戚や親が側に居れば。。。と少 し日本が恋しくなります。

とにかく親は解熱剤を飲み、少しでも起き上がれる状況になった方がオカユやフルーツの準備をし・・・いう感じでした。誰の熱を測っても、体温計が39度よ り上って結構ギャグかと思ってしまうほど、非日常でした。この時ばかりは、いつも「邪魔だな〜」と思っていた氷枕が4個欲しかったです。

でも、子供の回復は早いですね。子供は数日ですっかり元気になり。。。親はしばらくゴホゴホと風邪を引きずっております。

そんなこんなで、このホリデーは、過去10年間の睡眠不足を全て解消するほど、寝まくったホリデーになりました。


皆さん、お気をつけてください。。。


2011年 9月
◆From Sumi


頬をうつ風が暖かくなり、日ごとに春らしさがますドニーからです。

 先日、日本の 某大学の管理栄養士をめざしている学生達がシドニーのAustralian Catholic Universityに約1ケ月間滞在しました。聞くとこ ろによると、このプログラムは約4〜5年続いているそうで、英語の勉強のみならず、異文化の違いによる栄養教育、運動療法、高齢化の実情/課題/対策など の講義を受けたり、また老人ホームや病院見学などを経験します。

私は 「日本とオーストラリアでの食生活の違いと実態」 について講義しました。 それにあたって、学生達が滞在していたホストファミリーとまた学生自信にアンケートをお願いしたのですが、なかなか興味深い結果を得ることができました。

食に対する健康思考は、日本人である学生達とオージーの間で大差があり、例えば、学生達から見たオーストラリア人の食生活は、
●野菜の摂取が少なすぎる
●砂糖の取りすぎ
●間食のしすぎ
●肉類ばかりで魚をほとんど食べない
●夕食が一品のみで量も多くない

などが圧倒的な意見であったのに対し、オーストラリア人は、「油脂の多い食品(ジャンク、ファーストフードを含む)を避け、油を使わない調理を心がけ る。」 という点にのみ気をつけている人が多く、野菜や魚への意識はあまりないという結果となりました。 

こんな話をすると長くなるので、とりあえずこのへんにして。。

大学に戻ると今後の進路や就職という現実が迫ってくるのでしょうが、若い方は(自分も若い?!ですが)は、これからの将来がキラキラ光っていて良いですね〜〜。 今回の海外滞在から、将来への何かヒントになるようなものを得られたらよかったなと願います。


2011年 9月
◆From アシスタント

先日、「てんつくまんin Sydney」に行ってきました。
なんじゃそりゃ〜と思われる方もいるかと思いますので、「てんつくまん」に関してはこちらをご参照ください。 
こちらも→Cherrs てんつくまん インタビュー

そして、私の感想を書こうと思ったのですが、もう、参加した皆さんがそれぞれのウェッブやブログで感想を書いています。「
てんつくまんシドニー」で検索してみてください。た〜〜〜くさん出てきます。Youtubeにも、彼の講演会の動画がたくさん出ています。

本当に、感動しました! え、何に感動したかって? もう、それは書けません。書けないほど、感動しました。行動ってすごい!政治家の文句を言うわけでも なく、愚痴るわけでもなく、とにかく、子供達が安心して住める地球を残そう! 皆で笑ってよう〜!という彼のシンプルなメッセージに感動です。
いや〜よかった〜〜〜素敵な1日でした。
                 

 ←「てんつくまん」 こと 軌保博光氏

2011年 8月
◆From アシスタント


料理教室に参加しました〜〜

7月のクラスに参加してきました! テーマは、「おうちで作るフランス料理」ボリュームがあって、美味しい5つのレシピを教えていただきました。
いや〜満腹満腹!

今月は、「牛肉」についても学びました。どこの部位はどんな料理に合っているか、肉の処理の仕方等々、大変勉強になりました。詳細は、クラスレポートをご覧ください。

2011年 7月
◆From アシスタント


Nutri OZ Kids July Holiday Program 終了

Sumi's Kitchen初めての試み、料理と裁縫のコラボレーション、子供達に日本の家庭科を教えてあげたい! ということで実施しましたホリデープログラムが、 先日大成功で終了しました。当日は、10人の子供達が、午前中は料理、ランチに皆で作った物を食べ、午後にお裁縫。。チクチク一生懸命かわいいランチョン マットを作りました。
また、ボタンのつけ方等もならいました。

家に帰って、すぐに習った料理を家族に作ってあげた子、チクチク一集中してお裁縫をしていた子、ご父兄の方々からも、参加させてよかった!というたくさんのコメントをいただきました。

次回ホリデー子供料理&裁縫教室は、9月26日(月)&27日(火)を予定しています。


詳細は、特別企画 のページをご覧ください。

 

 

2011年 6月

心に残る BIG BIRTHEAY

先日私は、友人や家族に誕生日のお祝いしてもらいました。 日本 と違い、こちらは21歳(なぜか20歳ではない)、40歳、50、60歳と、きりのいい年齢で大きな誕生会をする慣習があります。 始めは、周りの人だけ でと考えていましたが、こ88年程、大変なことが続いたので 「ここらで、厄落とし!パーとお祝わいするのもいいか!」 と思い、友人にパーティーの企画 全て任せ、私自身は当日何がおこるか全く知らされていませんでした。 気分はまるで、子供の時の遠足をまちこがれていたような、わくわく、どきどき状態で した。
 
当日、我が家に総勢70人の方が集まり、夜中の2時まで大騒ぎ! (ご近所さん、うるさくてすいませんでした!)
ドレスコードが ”和(日本)豪(オーストラリア” だったので、私の様に着物を着た方、柔道着、空手、剣道着を着たオージー男性、オーストラリアの国旗をまいた人等、皆さん思い思いの服装で、ちょっとしたファッションパレードでした。
こんな私のために、企画、協力、会を盛り上げてくれた家族と友人、そして集まってくれた皆さんへの感謝の思い! あ〜〜本当に生きていてよかった!と 感謝感激です。
 
そして、誕生日ケーキ・・・あまりにも素晴らしいケーキだったので、下記の写真を是非見てください。
作成者は 伊藤糸保さん。 現在、シドニー在住で、数々のアートクラフト賞を受賞されています。 製作時間はなんと約3週間。とても細かい作業でできた繊細なシュガークラフトにはびっくりです。 友人たちからのリクエストで、キッチン道具ものっています。ケーキはもちろん食べれます。
さらに後日、ケーキについていた飾りをリメークして持ってきてくださいました。今回は小さなフェイクのケーキに、飾りをリアレンジしてあります。たくさんのバラがありますが、なんと私の年の数だけあるんですって!!
これは、半永久的に保存できるらしいので、結婚式や、子供のお誕生、など何か節目になる行事の時に作ってもらうといいかもしれませんね。

 


2011年 4月

◆2011年マンスリークラス◆

★世界食べ歩きクラス :7月より火曜日&木曜日

★男の料理教室 おうち料理  :6月より 土曜日6時pm〜

◆スクールホリデー企画◆ 
Nutri OZ kids Cooking & Sewing!

お料理とお裁縫の基本が学べるスクールホリデーアクティビティーです。2日間のアクティビティーで午前中にお料理を習い、作った物をランチに食べます。午後はお裁縫の基本を学びます。Year2以上の元気な男の子&女の子、参加してみませんか?(7月4日&5日 10時〜開催予定)  詳細はこちら

◆特別企画クラス2011◆ 

2011年の特別企画クラスは、「オーストラリアの安全な食品」という内容で企画を進めています。医学情報の特別企画も計画中です。詳細が決まりましたら、ご案内させていただきます。



2011年 3月


この度の [東北地方太平洋沖地震] によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げるとともに、
被災された数多くの皆さんにはお見舞い申し上げます。また、現在、この未曾有の大惨事に立ち向かい戦って
おられる方々に、熱いエールと感謝を送りたいです。日本より遠く離れた地にはおりますが、大変心配しております。
どうぞ、お心強くもち、がんばってください。

SUMI’S KITCHEN 一同

◆From アシスタント

 2011のクラス案内

◆スクールホリデー企画◆ 
Nutri OZ kids 家庭科の時間★Cooking & Sewing!

お料理とお裁縫の基本が学べるスクールホリデーアクティビティーです。三日間のアクティビティーで午前中にお料理を習い、作った物をランチに皆で食べます。午後はお裁縫の基本を学びます。Year2以上の元気な男の子&女の子、参加してみませんか?

◆特別企画クラス2011◆ 

2011年の特別企画クラスは、「オーストラリアの安全な食品」という内容で企画を進めています。医学情報の特別企画も計画中です。詳細が決まりましたら、ご案内させていただきます。

◆2011年マンスリークラス◆
5月頃スタートを予定しております。

2011年 1月

皆様、2011年のお正月はいかがでしたか?今回は、ここシドニーでの真夏のお正月我が家流を皆さんにご紹介します


夏のお正月ですから、おせち料理やお雑煮をあまり食べる気にはなりませんが、我が家では、簡単に、お正月の真似事だけは続けています。

まず、三ケ日、毎朝、お屠蘇で乾杯をします。うちの子供たちは、毎年“ヤック”といいながら舌でチビチビなめていますが、私は子供の頃、甘いお屠蘇が大好きでした。
お箸は、ゴーシャスな紙袋に入ったお正月用の割り箸を使います。筆ペンでそれぞれの名前を紙袋に書き、三ケ日はその箸を使います。
おせちは、いたって簡単なものですが、ごまめ、黒豆、煮物など作りおきのできるものを用意し、やはり三ケ日頂きます。お雑煮は、1日目は、鶏肉の入った関東風お澄まし、2日目はかぶらの入った味噌仕立て、3日目はミズ菜入りのおすましを頂きます。

地域、家庭によって、守られてきた風習はそれぞれ違うと思いますが、日本人として、この素晴らしい習慣を、子供たちに、伝えていければいいなと切に願います。皆さんのおうちのお正月は?


★お屠蘇について
お屠蘇の事を知らない方が意外に多いのですが、お屠蘇は酒、もしくは味醂 に特別のハーブを入れて作ります。実家では、出入りのお米屋さんが、いつもお屠蘇のハーブ(屠蘇散)を持ってきてくれていました。(最近は薬局で買える らしいです。)屠蘇散のパックに入っているハーブは、ミカン皮、ケイヒ、サンショウ、オケラ(キク科の植物)、クローブ、ボウフウ、キキョウ、などです。 お屠蘇は薬草酒のようなものなので、この屠蘇散を日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォッカなど、いろんなお酒に入れて頂くのもいいかもし れません。

★おせち料理
日本では古来より、収穫したものをまず神に供える慣習があり、おせちは本来年神に供えるための料理でした。そのお下がりをいただくのを直会(なおらい)と いい、神の持つ力をいただくことを意味しました。神への供え物(神饌)は乾物が多く、元来質素なものでしたが、江戸時代に入り現在のような豪華なおせち料 理になったらしいです。正月の祝い肴には、普通は数の子、黒豆、ごまめをいれます。数の子は卵の数が多いことから子孫繁栄を意味し、黒豆はマメに働けるよ うにとの願望があります。田作りとも呼ぶごまめは、田植えの祝い肴に用いられていたことから、それぞれに縁起のよい食べ物とされ、おせち料理に欠かせませ ん。


2010年11月

風、雨、夕立・・という散々な予報は見事にはずれ、夏日の暑い日になった10月30日、「シドニー日本人学校フェイト」にSumi's Kitchenが出店しました。

今年は「うどん&そば、きつね&たぬき」 暑かったにもかかわらず、完売!買ってくださった皆様、当日忙しい中時間を作って手伝ってくださった、生徒の皆様、ありがとうございました!


     
   男性クラスのメンバーも、女性クラスのメンバーも がんばりました〜

        今年出店した「うどん&そば」は出汁を昆布や削り節からしっかりとり、具沢山で、しかも格安!大好評でした。

   
  子供料理教室の皆、お手伝いありがとう!

2010年10月

  
シドニーはやっと春を迎えています。
  街のあちらこちらで、桜の花が咲き始めました。
  
  先日、娘の学校のFairに参加しました。
  準備段階から、「何か日本的なクラフトを作って欲しい」 と言われ、折り紙でケーキボックスを作り、
  中に飴を入れました。その作成段階でびっくりしたのは、オージーママ達の不器用さ。不器用なんて
  言ったら怒られますが、折り紙が折れない、縫い物ができない・・・「どうしてそんなに小さい物が折れるんだ!」 
  とびっくりされてしまいました。 私も不器用な方ですが、私は豪州では、と〜っても器用なようです。(笑) 
  あらためて、日本の文化はすごいんだ〜と感心し、また、「家庭科」という授業が受けられる日本の子供達は
  幸せだな〜と痛感しました。

  さて、Sumi's Kitchenの須美先生は、日豪プレス(シドニー月間新聞)
に、過去数年にわたって、
  栄養や食事に関する記事を掲載しておりました。その記事を、ウェッブ上でもご覧いただけるようにしたい
  と思っています。皆さん、近日中に公開しますので、是非ご覧ください。(From アシスタント)

2010年8月


 Sumi's Kitchenをスタートして、10年?
 Sumi's Kitchenは、ただ、料理を習うだけでなく、異国の地に居住する日本人の憩いの場でもあります。
 主婦の皆さんが集い、新しくシドニーに来たばかりの人達には、シドニー情報を得る場となり、長く住んでいる
 人達にとっても、日本人同士のコミュニケーションの場となっています。

 寂しいのは、ここでせっかくお友達になれても、日本に帰国されてしまう方、他の州に引っ越してしまう方・・・
 お別れは付き物です。

 最近、お仕事の関係で、帰国されたTさん、お元気ですか。
Tさんの作られる、とても大胆なお料理、
 おいしかったです。
 ポテトサラダに入れるマヨネーズや、肉を焼くときの油の量、女性なら少し遠慮して使ってしまうのですが、
 「僕、好きだから、いれますよ」  ドボドボドボ・・・ しかしながら、お味のバランスはばっちり。少し濃厚ですが、
 たまにはいいですよね。

   

 ご主人の仕事の関係で、日本に帰国されたYさん、その後お元気ですか?
    
 
 そして、5月に掲載された3人の妊婦さんは、皆さん無事男子を出産されました。(全員男の子!)  
 赤ちゃん連れて、遊びに来てください!

2010年6月

 シドニーは冬です!寒いです!
 ということで、日本に里帰りするシドニー在住日本人の方が増える時期です。 
 私も、2年ぶりに日本へ行ってきました。
 
 我が実家の最寄り駅の周りに、超高層マンションが乱立・・・私鉄1本しかなかった駅には、JRや複数の私鉄が
 乗り入れ、駅ホームは常に人であふれかえっていました。

 いや〜、やっぱり日本って、人口が多いんだな〜と、痛感!
 
 そして。。。。暑い! とにかく、暑い! 昔から、あんなに蒸し暑かったでしょうか?
 昔の事は忘れてしまいましたが、あまりの蒸し暑さにびっくりしました。

 な〜んて、文句ばっかり言っていますが、やっぱり日本は良かった〜 安いし、美味しいし、なんでもあるし、
 便利だし! でも、シドニーに10年も住んでいると、あの密集地域に住む勇気が無くなります。
 
 日本は、お金を持って、遊びに行くのが一番かもしれませんね。(笑)
(From アシスタント)

2010年6月

 色々お楽しみクラスのメンバー3名が、出産の為、しばらくの間、お休みされます。
 3名の方々、出産直前までクラスに参加していただき、ありがとうございました〜  毎月、がんばりましたね!!

 Sumi's Kitchenで、皆さんが作ったランチ、お腹の中のBabyも、間違いなく、堪能していたことでしょう。(笑)
         
 皆さんの安産をお祈りすると共に、かわいいBabyに会えるのを楽しみにしています! 

2010年5月

2010年特別企画 「上手に使えば怖くない! 知って得する医療システム」が5月1日、定員満席で開催されました。

公立病院と私立病院の違い、双方の上手な使い分け、医者のレベル、GPの使い方、等々、普段疑問に思っていた豪州の医療システムをわかりやすく説明していただきました。また、疾患別に、どこの病院に行ったらいいのか等、実際に役立つ情報満載の講演会でした。

         

また、講演会の後、アフタヌーンティーには、美味しい和菓子を堪能し、参加者の皆さんは、講師の方にたっぷりと個別の質問をされていました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

2010年4月

気がついたら、シドンーはイースターホリデー中です。既に、1ターム(日本で言う、1学期)が終了し、学校は約3週間の
ホリデーに入っています。この間、お正月を迎えたばかりのような気がしますが。。。。
  
さて、今年も恒例の
特別企画クラスを5月に開催いたします。今年は、医療通訳の方を講師に招き、「豪州の医療機関の仕組み」について、講演していただきます。

2010年1月

シドニーは、長い夏休みがそろそろ終わり、新学年がスタートします。
Sumi's Kitchenも、2月から、新クラスがスタートいたします。
2月は、
9日(火)、11日(木)、12日(金) テーマは、「ビタミンの多い食事:夏バテ予防」 です。
参加ご希望の方、お問い合わせは、こちら までメールにてご連絡ください。

新クラスの詳細は、こちら 2010年クラス案内 をご覧ください。

2009年12月

12月入りますね〜 2009年も残すところ1ヶ月となりました。シドニーは、クリスマスショッピング、クリスマスパーティーで、平日も週末も、どこもかしこも人だらけですね。

それにしても、最近のシドニーの気候は変です。 40度かと思うと、次の日は20度・・・大人も子供も、体がついていきません。「やっぱり、地球温暖化が原因なんだろうな〜」 と漠然と思い、ゴミ箱化し ているプラスティックバックを見ては、「使っちゃいけないんだろうな〜」 とうつろに思い、テレビで映画2012年のCMを見ては、「もうすぐ地球も終わ りか〜」と他人事のように感じます。

でも、ふと思いました。子供の為といい、勉強させたり、スポーツを習わせたり、もしかして、そんな事よりも、美しい地球を残してあげた方が、子供達の未来は幸せなのかもしれない・・・と。

来年は、もう少し真剣に、環境問題を考えてみようかな・・・・


2009年11月

今年も残り1ヵ月半・・・書類の片づけをしておりましたら、Sumi's Kitchenの生徒サン達が作った、美味しそうな写真がたくさん出てきました。
人気の高かったレシピを、載せます。 美味しそうですね〜〜

   

   

   

 
2009年10月

先日、久しぶりに感動的な本と出合いました。

「スノーマン」という子供向けの絵本です。
ご存知の方も多いかと思いますが、この「スノーマン」・・・文字が無い絵だけの絵本です。

優しく淡いタッチで描かれている各場面を、話を作りながら子供に読み聞かせます。

物語は単純で、男の子が朝目を覚ますと、外は一面の雪。せっせとスノーマン(雪だるま)を作り、最後にマフラーと帽子で大きなスノーマンが出来上がります。
夜中に男の子が目を覚ますと、スノーマンが動き出し、男の子はスノーマンを家の中に招待します。たくさん二人で遊んだあと、スノーマンは男の子の手をとり、空へ! 雪の夜空を飛びます。そして感動的な結末を迎える・・・というストーリーです。

各場面の絵が、躍動感に溢れ、ストーリーを作っている大人も子供も、どんどん作品の世界に引き込まれていきます。

我が家の娘達は絵本が大好きですが、この絵本ほど繰り返し読んだ本はありません。機会がありましたら、皆さんも、是非手にとってみてください・・・



2009年9月

爽やかな春の青空が広がった先週の土曜日(9月5日)、特別企画クラス「子供の成長 心と体 シリーズ2」が大盛況で終了いたしました。

中村先生のお話された、子供が
自分のアイデンティティーを失わない為に

その子が、
その子のままで生きていくことの重要性・・・とても興味深いお話でした。

また、後半の須美先生による、
子供はどんな物をどれだけ食べればいいのか・・というお話も、実践に基づく、貴重なお話でした。

参加者の皆さんも、講演の後、それぞれの悩みや問題、疑問を、それぞれの講師の方に個別に質問され、有意義な時間を持つことができました。

子育てって、子供を育てているようにだけど、本当は、自分を育てているんだな〜と、個人的に強く感じた1日でした。
講師の皆様、貴重なお話、ありがとうございました。




2009年8月

特別クラス 子供の成長 心と体 /シリーズ2 のご案内
 (詳しくはこちら・・・)

この特別クラスは、5月に開催し、大好評を得ましたたシリーズ1の続編です。
初めて参加の方も大歓迎です!
 
  ■ 今回のテーマは  「豊かな人生、楽しい食卓
  ■ 開催日時は、 9月5日(土)2時〜5時

シドニーで活躍中の現役保育士の方を講師に招き、小学生低学年位までのお子さんを持つ親御さんが直面する、数々の問題や悩みをどう克服するか・・・独特の視点からお話していただきます。
 
また、主催者才川須美(管理栄養士、食育インストラクラー)が、参加者の方が記録した子供の食事記録をもとに、子供の食事の傾向と対策について、お話させていただきます。
 
豪州で子育てしていて疑問に思うこと、悩んでいること、子供の食事について、悩んでいる事・・・是非、講演会に足をお運びいただき、プロフェッショナルの話を聞いてみませんか?

お申し込みは、こちらからどうぞ!


2009年7月

今日は七夕ですね。今年は、満月だそうです。(しかしシドニーは雨空・・・)
しかも今年は同じ7月に皆既月食・・・この条件が揃う七夕は今世紀最後だそうです。

ということで、真冬&雨のシドニーですが、我が家でも竹の枝に短冊を飾り、子供達と一緒にお願いごとをしました。 この年になってお願いごと・・・といっても、月並みですが、家族皆が健康でありますように・・・ですね。(笑)

さて、6月の「男の料理教室」 お邪魔してきました!
いやいや、女性の料理クラスとは大違い。何が違うって、何もかも。(笑)
男性の皆さんが一生懸命料理をする姿を見て、感動しましたよ〜〜

ちなみに、今月の男の料理教室は、この半年間の集大成。筆記テスト&実技テストがありました。ハンバーグ、野菜炒め、ほうれん草の辛し和え、お味噌汁・・・皆さん、レシピを参考に、この半年間で習った事を思い出しながら作っていました。
お味噌汁は、出汁から作りました。ハンバーグは、ソースまでお手製です。
そして、できあがったお料理は、とても美味しかったです。
ご馳走様でした。 

              

2009年6月

Sumi's Kitchenでは、2009年に、「和食クラブ」 という新しいクラスを開設しました。
この「和食クラブ」が大好評中です。

美味しい和食のレシピを習うだけでなく、毎月違ったテーマに沿って、知っていそうで知らない和食について、学びます。

2月の和食の基本では、和食の
盛り付けの基本を学びました。
3月には、
豆(乾物)について学びました。皆さん、豆の種類、どの位ご存知ですか?
4月には、
雑穀について学びました。白米より栄養価の高い雑穀、皆さんご存知ですか? そして、5月のクラスでは、魚の三枚卸しを学びました。お魚って、卸せそうでなかなか自分では卸せませんよね。でも、ここはシドニー・・・・自分で卸せないと、お魚のレパートリーは、愕然と減ります。(お魚の卸し方はこちらをご参考ください!)

今後は、鍋料理、焼き物のこつ、お寿司・・・と興味深いテーマが続きます。皆さん、是非ご参加ください!(クラスの詳細はこちら!)


2009年5月



5月2日(土) 春かしら〜と思うほど暖かい陽気の午後、特別企画クラス「子供の成長心と体」 定員満席で開催されました。当日は、小さいお子さんを持つ親御さんだけでなく、現役保育園の先生や、幼児教育に携わるプロの方の姿も拝見いたしました。

皆さん、熱心に講義に耳を傾け、質問をし、メモをとっていらっしゃいました。

子供の心が何かを求めてサインを出している、そのサインの具体例、またそのサインにどう答えたらいいのか、その具体例。 今後の育児に大いに役立つ情報満載でした。私が個人的に一番面白かった話題は、「妖精術&家族のイベント」 
妖精を使って、子供の目線になって「しつけ」をする、どこかに出かけるだけが家族のイベントではなく、家の中で心から子供と一緒に遊ぶ事の重要さ・・・ハッ気づかされる事がたくさんありました。

さて、こんなに為になる講習会に出ておいて、実践しなくてどうする! と思い、早速「妖精術」使ってみました。

効きましたよ〜〜〜4歳の上の子にも、2歳の下の子にも、バッチリです。
もう、今や「妖精さん」は我が家の一員で、会話のあっちこっちに「妖精さん」が出てきます。 歯を磨く、ご飯をきちんと食べる、手を洗う、洋服を着替える 等々、今までガミガミしかりながら、「早く早く」とせかしながらやっていた事が、とてもスムーズに行われています。 架空の人物「妖精さん」がいることで、子供は物語の主人公にでもなった気分なのでしょうか・・・妖精さんと日常生活をすることが楽しくて仕方ないようです。

今までどれだけ命令口調で子供に指示していたか、気がつきました。子供に「優しくね〜」なんて、親の私が全然優しくなったのにね。。。。


2009年4月

例年に比べ、暖かい日が続いているシドニーです。現在、スクールホリデー中! 何処に行っても混んでいますね。
不況不況といわれていますが、「本当に不況なのかな〜」と思うほど、ショッピングセンターも混んでいますよね。 
まあ、日本に比べたら、この程度を混んでいると言ってはいけないのでしょうが・・

さて、Sumi's Kitchenでは、「子供の成長*心と体」と題し、5月2日(土)特別企画クラスを開催します。
子供の健全な心の成長について、幼児教育のスペシャリストを講師に招き色々なお話をしていただきます。
体の健やかな成長については、管理栄養士&食育インストラクターである才川須美が、この時期の子供に必要な栄養について、添加物をなるべく減らす食生活の 薦め、などの講義を行い、その後、簡単にできる手作りおやつの料理デモストレーションを行い、試食会も実施します。
日ごろ、子育てについて疑問に思っている事、悩んでいる事、心配事、子供の幼稚園や保育園の事などなど、この機会に専門家に直接話を聞いてみませんか?

皆さんのご参加を、お待ちしております!

2009年3月

2009年特別企画第一弾、詳細が決まりました!
今回は、赤ちゃん〜小学校低学年のお子さんをお持ちの親御さんが対象で、
「子供の成長*心と体」です。
幼児教育のスペシャリストを講師に招き色々なお話をしていただきます。
子供の心の成長に焦点をあて、子供が出す微妙なサインや、そのサインへの答え方、また、シドニーの保育の現状についても、お話していただきます。
小さい時の親と子の関係が、その後のその子の人生にいかに重要か・・・といった内容の話も出てきますよ。

体の成長では、管理栄養士&食育インストラクターである才川須美が、この時期の子供に必要な栄養について、添加物をなるべく減らす食生活の薦め、などの講義を行い、その後、簡単にできる手作りおやつの料理デモストレーションを行い、試食会も実施します。

日ごろ、子育てについて疑問に思っている事、悩んでいる事、心配事、子供の幼稚園や保育園の事などなど、この機会に専門家に直接話を聞いてみませんか?

詳細はこちら!特別企画!子供の成長*心と体
お申し込みはこちらです! sumisaikawa@pacific.net.au

皆さんのご参加を、お待ちしております!
 From アシスタント

2009年1月

〜1年の感謝と新年への祈りをこめて〜

明けましておめでとうございます!
今年も、Sumi's Kitchenを、どうぞよろしくお願いいたします。

シドニー湾での豪華な花火で、シドニーの2009年が幕あきました。
皆さん、花火はご覧になりましたか?
我が家は、幼児がいるので、シティーには行けないな〜と思っていたところ、友人よりとてもいい場所を教えていただきました。
Lane Coveのショッピング街を入って行った、静観な住宅街なんですが、目の前にハーバーブリッジが見え、なんと4箇所の花火が全部、目の前で見えました。
しかも、近所の人しか来ておらず、人もまばら。家族全員大満足で年始を迎えました。

シドニーは現在、真夏。子供達は夏休み中です。1月末から新学年がはじまります。
皆さん、残りのスクールホリデー楽しんでください!

今年もよろしくお願いいたします。
From アシスタント

2008年12月

〜1年の感謝と新年への祈りをこめて〜

毎年、同じような見出しで、この挨拶文を書いているのですが....1年は早い!!
つい先日、汗を流しながらお雑煮を食べたような気がしますが、もう師走ですか..。何はともあれ、家族全員健康で、新しい年を迎えられる事に感謝をしたいと思います。

今年は、日本でも中国産の餃子から端を発し、農薬混入、食品偽造など食品の安全をゆるがす問題がクロ−ズアップされた年だったと思います。私たち消費者 は、メ−カ−やメディアからの情報で、食品の安全性を判断するしかなく、一体何が虚偽で何が真実なのか、皆さんも不安に思われたり、苛立ちを感じられてい るのではないでしょうか。
私は、この混沌とした情報過多の時代、健康な食生活とは、昔の教えに戻り、腹八分目とバランスのよい食事、を心がければいいのではないかと思います。偏っ た食事を避ける事で、ある意味食品のリスク(農薬、GMO、食品添加物など)を軽減できるのではないでしょうか。2009年も、このような食にまつわるお 話を皆さんと共有できればいいなと思っています。

本当に1年お世話になりました。そして2009年もよろしくお願いいたします。            須美


2008年11月

おかげ様で、2008年のクラスが全て無事に終了しました。
今年は、「男の料理教室」 や 「マクロビオティック クラス」 という新しい分野を皆さんに紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

「男の料理教室」の最終日は、奥様方をお招きし、皆さんが作ったお料理を堪能していただきました。 作るご主人側も、それを見る奥様方も、大盛り上がりで、楽しいひと時を皆さん過ごされたのではないかと思います。

さて、2009年ですが、マンスリークラスは、通常通り、国際色豊かなレシピを、これまた国際色豊かな食材を使うレシピを紹介します。

男の料理教室子供料理教室Nutri OZ kids、も、今年と同様に開催します。これらに加え、新設クラスとして、「和食クラブ」を開催します。いわゆる基本的な和食のレシピから、精進料理に近いもの、また、雑穀や豆、そば粉やくず粉等を使った、一歩進んだ和食を紹介します。皆さん、お楽しみに!


2008年10月

10月4日(土)、15名の老若男女の皆様が集まり、特別栄養教室が開催されました。今回のテーマは、
「メタボリックシンドロームの先にあるもの」。現役ナースを講師に招き、メタボリックシンドロームを放置しておくとどういった病気にかかる可能性があるのか、講義していただきました。
また、須美先生からは、メタボリックシンドロームを予防する食事療法のポイントについて詳しく説明がありました。その後、シェフでもある須美先生が、豆乳炊き込みご飯おからのハンバーグをはじめ、9品のメタボ予防レシピを紹介。皆で楽しく会食しました。管理栄養士、現役ナースを囲み、会食時は栄養や健康の話に花が咲きました。



忙しさにかまけて、運動もしていない、食生活も適当な私の日常・・・今回 の講習会に出席することで、自分の健康を省みる良い機会になりました。ナースの方の講義の時間は、病気や健康についてだけでなく、豪州の医療システム等ま で興味深い話が聞けて、参加者の皆様との質疑応答も大変勉強になりました。、須美先生が紹介してくれたレシピは、どれも体に優しく、そして簡単に作れるレ シピでした。早速実践していま〜す!

2008年7月
もう7月ですね。シドニーはまだまだ冬・・・・特に先週が寒い日が続きました。
さて、先月に続いて、日本に帰国して気がついた事をもう一つ。

食事って、食べ物の味やメニューだけで美味しい! って感じるんじゃないんだってことを、再確認しました。
というのも、我が家は3歳&1歳の子をかかえ、食事時間は戦争の毎日です。
お皿や盛り付けなんて、気にしてる時間も余裕も私にはありません。

が・・・日本に帰国して、母が献立によって、箸置きを変えたり、グラスを変えたり、盛り付け、お皿、そして食卓に飾るお花まで・・・色々な事を楽しみながら、家族の食卓を作っている姿を見て、こう言う事って大事だな〜 と、つくづく考えさせられました。
子供が小さいから、忙しいからって言うのは言い訳でした。
母は、我が家のチビ達に、「今日はどのお皿にしようか?」 「今日飾るお花をお庭から持って来て」 等々、食卓作りに積極的に参加させていました。そして、チビ達は大喜びで手伝っていました。

須美先生が推奨している 「子供を食卓作りに参加させる事」 の大切さを実感しました。 こういう毎日の積み重ねが、子供に「食」への興味を持たせ、また、マナー等も自然に学んでいくのではないか・・・希望を胸に、実践中です。

但し・・・・・かなり大変です。(笑)

2008年5月
Sumi's Kitchenアシスタントです。今月から、時々このページにお知らせを書かせていただくことになりました。
おかげさまで、Sumi's Kitchenも、マンスリークラス、Nutri OZ Kids、マクロビオティック、そして男の料理教室と、バラエティに富んだクラスを開催しています。
が、まだまだ、パワフルな須美先生、余裕があります(笑)!

こんな企画をして欲しい、こんなクラスを開催して欲しい等々、何かご希望がありましたら、どしどしお申し出ください。お待ちしております〜

2008年4月

スク−ルホリデ−も無事終わり、ほっとされている方も多いのでは? 
今回のクリスマスホリデ−は、日本から13歳の甥、10歳の姪が遊びに来たの
で大変賑やかな夏休みになりました。食べ盛りの子供たち4人、三が日のお雑煮、焼餅の消費量はなんと4kg。お飾りのお餅にまで手をださないといけなくな るほど、豪快な食べっぷりでした。さて、この甥と姪にオーストラリアライフを味わってもらおうとを連れて行ったアウトドアのスポット2ケ所をご紹介しま す。イースタ−は十字架にかけられて死んだイエス・キリストが、三日目によみがえったことを記念する、いわゆる
復活祭のことです。イースタ−は年によって日付が変わる移動祝日で、今年は3月23日でした。イースタ−にかかわる習俗としてもっとも有名なものにイースター・エッグ(Easter egg)。本来は、ヒナが卵から生まれることをイエスが墓から出て復活したことに結びつけたもの、および冬が終わり草木に再び生命が甦る喜びを表したもの といわれています。 昔は、中身を抜き取った卵やゆで卵の殻に鮮やかな彩色を施したり、美しい包装をしたりして、飾る習慣があったらしいのですが、今や チョコレ−トにとってかわられた観が…。クリスマス、バレンタインデ−、そして、次のチョコレ−ト商戦がイ−スタ−エッグです。いたるところにイ−スタ− エッグをかたどったものや、うさぎ形のチョコレ−トが売りだされます。(英語圏やドイツではイースター・バニーが卵を運んでくる、または産むものとされて いる)

イ−スタ−エッグハンティングをご存知ですか? イ−スタ−によく行われる子供たちの遊びです。庭や室内のあちこちにエッグを隠し、それを子供たちが探す のですが、子供は大好き(おとなもするとおもしろい!)です。毎年、オ−ストラリアの私の友人が娘のために、イ−スタ−エッグハンティングを準備してくれ ます。子供達が庭でエッグハンティングを必死の形相でしている間、大人は優雅にお茶を頂く・・・・素敵でしょう!コーエン家の皆さん、毎年ありがとう

   

2008年2月

スク−ルホリデ−も無事終わり、ほっとされている方も多いのでは? 
今回のクリスマスホリデ−は、日本から13歳の甥、10歳の姪が遊びに来たの
で大変賑やかな夏休みになりました。食べ盛りの子供たち4人、三が日のお雑煮、焼餅の消費量はなんと4kg。お飾りのお餅にまで手をださないといけなくな るほど、豪快な食べっぷりでした。さて、この甥と姪にオーストラリアライフを味わってもらおうとを連れて行ったアウトドアのスポット2ケ所をご紹介しま す。


   

GLENWORTH VALLEY

シドニ−から車で約1時間、HornsbyからNewcastle行きのハイウエ−にのり、Peats Ridgeでおります。約3000エ−カ−の土地に200頭の馬がおり、初心者から上級者まで馬乗りを楽しめます。

Munmorah State Conservation Area/ Freemans camping area

シドニ−から車で約2時間、 Gosford と Newcastleの真ん中ぐらいに位置します。キャンプサイトは大変クリ−ン(個人的にはカンガル−のうんちが無いのが幸せ)で、海に大変近い(キャン プサイトから徒歩10分)のもうれしい。難点と言えば、電気のサプライが無く、シャワーから温水は出ません。だから、すいていたのかな?


2008年1月

新年明けましておめでとうございます。
今年はねずみ年ですが、詳しく言うと戊子(つちのえね・ぼし)だそうです。
「干支(えと)」とは、正確には「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」の組み合わせです。2008年の場合、十干は「戊(つちのえ)」、十二支はご存知の「子」なので、干支は「戊子(つちのえね・ぼし)」となります。

子の字は「ふえる」の意で、種子の中に新しい生命が芽生える様子を表しているそうです。「生命」 「芽生える」 という言葉は、何か縁起がいいですね。

さて、今回の年末年始は、主人の母、甥と姪がそれぞれ日本から遊びに来、大変賑やかなお正月になりました。

お正月の3ケ日は一応、お屠蘇(今年はお 屠蘇専用のハ−ブを日本から送ってもらい、本物のお屠蘇を頂きました。お屠蘇は味醂にハ−ブを漬け込むんですよ!)を頂きながら、簡単な御節を食べ、お雑 煮を頂きます。お節は子供にはあまり人気がありませんでしたが、御餅はみんなの大好物。甥と姪が特によく食べる子達なので、毎日御餅の消費量は 1.5KG、3日目には飾り餅まで使わなければならないことになりました。

日本ですら、お正月にお屠蘇、お雑煮、お節料理を頂く風習は薄れていっていると聞きますが、どうにかこういう行事や季節の風習を大事にしていきたいと思います。何も伝統的な形にこだわるのではなく、自分流にアレンジしたものでいいのではないでしょうか。


 

 2007年12月

  

早いもので、今年も12月に突入しました。パ−ティ−ラッシュですね。
「お世話になった人達と」 「親しいお友達を集めて」 「習い事で一緒のみんなと忘年会」 「常時離れている家族とキャッチアップ」 等々1年で一番にぎやかな季節です。スミッズキッチンでも、恒例クリスマスパ−ティを12月1日に開催しました。

今年の目玉は、高久シェフのお料理。毎年、料理は私が作っていましたが、当日と ても忙しく、早めについた人達に(豪華な衣装をまとっていようがいまいがおかまいなしで)、台所のお手伝いをお願いしていました。が、今年は余裕のよっ ちゃん!私はパーティ−イベントに集中できました。

今回、高久シェフが用意してくれたメニュ−は・・・・
◎野菜スティック
◎チコリいくら
◎なすピーマンのマリネ青ねぎ添え
◎ビーフカルパッチョ バルサミコソース
◎サーモンとぶりのづけサラダ
◎生カキ
◎ムール貝エスカルゴバター焼き
◎和牛胡椒焼きサラダ包み
◎子羊香草焼き
◎おこわ
◎マンゴムースクレープ包み
◎フルーツ盛り

めちゃくちゃ豪華で、皆さん大満足!本当に美味しかったです。

今回のドレスコ−ドは 「を どこかあしらう事」 皆さん、とっても素敵ないでたちでしたが、見事名誉あるベストドレッさ−賞に選ばれたのはMKさんでした。衣装は手作りのお色気サン タドレス。酔っ払って途中から消えちゃったMKさんですが、色よく焼けた浅黒い肌、ジム通いでひきしまった体に、赤いサンタの服がよく映えて、素敵でした よ。

クラスに参加して下さった皆さん、また、スミズキッチンを支えて下さった関係者の皆さん、今年もいろいろお世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。


 

2007年11月

最近 [のだめカンタ−ビレ] のDVDを、友達にかしてもらいました。随分前に日本では流行ったそうですが、なんせ、ここオ−ストラリア。普段ビデオ、DVDをあまり見ない私は、はい、随分遅れてます。

見た感想ですか? はまりました!! 二ノ宮知子さん原作のマンガをドラマ化したらしいですが、マンガのあのコメディ−タッチを上手くドラマで表現してあり、感心。
NHKの朝連ドラマのような、見ていてこちらが恥ずかしくなる演技のアブナサも無く、野田恵役の上野樹里さん、千秋真一役の玉木宏君を始めとする他のキャ ストの個性ある演技は大変良かったと思います。特に竹中直人さんはおもいきり笑わしてくれました。ドイツ人とはすっごくかけ離れていましたが、あれはあれ で無くてはならなかった(すごい存在感)と思います。

また、あのドラマを見て、今まで少し距離があったクラシックが身近になった事。
今、長いオ−ケストラの曲やピアノの演奏曲も楽しんで聴いています。下手ながら細々と続けているピアノもちょっとがんばる気にさせてもらいました。

クリスマスあたりに特別企画として続編が放映予定との噂。あ-楽しみです!


2007年10月


僕はボーダ−コリ−。名前は 「ナチョ」。 僕のご主人あいちゃん曰く、メキシコ料理のナチョスからきたらしい。僕の年?3ケ月だよ。最近、やっと外に連れて行ってもらえるようになったんだ〜
外は刺激がたくさんあって楽しいや! 空気の匂いも違うし、色々な友達に会えるのも楽しいよ。 先日、すっごく体のごつい奴に会ったんだ。僕のことをくん くん臭いまくって、あげくのはてに、よだれを体中に巻き散らかしてくれたのにはちょっと閉口したけど、いい奴だったよ!

そう言えば、この前、僕とっ ても気分が悪くなったんだ。息をするのも苦しくて、足もふにゃ、ふにゃして立っていられなくなってさ…。 どうなるかと思ったよ。 そして僕はVETとい う所に連れていかれ、足に痛い針を刺されたんだ。(ご丁寧に僕の大事な毛まで剃ってね) 1日ぐらいそこにいたかな。寂しくって、悲しくって、次の日、僕 のあいちゃんが来てくれた時は、本当にうれしかったよ。あいちゃんのママはお金がかかるとブツブツ言ってたけど…。 僕の耳に 「チック」 っていう小さ な虫が入ってたって、あいちゃんが言ってた・・・。気をつけないと。 今は元気になったから、皆、一度僕に会いにきてね


2007年8月

我が家の長女は、現在、Year3 (小学校3年生)。今年から、小学校のバンドに加入し、クラリネットを吹いています。週一回のリハ−サル(バンド練習)と週一回の個人レッスン。自宅で練 習すれば、もっと上達もするのでしょうが、なかなか、練習なんてしません。フ−..。 初心者の集まりであるこの “TRAING BAND” ですが、意外に校内や校外で演奏する機会が多く、時には休みの日まで遠方に連れて行く事もあります。

先日、1泊2日でバンドキャ ンプがありました。基本的に休憩時間、食事の時間以外は朝から晩まで楽器の練習とバンドの音あわせです。寒いこの時期、唇にひびが入ってしまう子もいるの で、りップモイスチャライザ−は必須と言われました。この様なアクテビティ−は全て親のボランティアでなりたっています。私も昼食に寿司を作ってほしいと いわれ、約50本程巻いていきました。寿司はいまやどこの小学校でも人気メニュ−。人気のあるのは “照り焼きチキン” “ベジロ−ル” “ツナロ−ル” ぐらいでしょうが、あっというまになくなりました。さ.、いつの日かオペラハウスで娘のクラリネツトを聞ける日が来るのでしょうか?



2007年7月

韓国旅行の続編

韓国と言えば 垢すり ですよね。街のあちこちに 「ハンジュンマッ-汗蒸幕」 「プルガマ-火釜」 あるいは 「プルハンジュンマッ-火汗蒸幕」 と書かれた入浴施設やサウナがあり、垢すり はサ−ビスの一つです。私と友達が選んだ汗蒸幕は、電話をしたらすぐにホテルまで迎えに来てくれました。

ま ずお店の人とコ−スをきめます。日本語ばりばりのおばさんからいろいろなコ−スを勧められると、ついついその気になって、シマチョゴリを着て写真を撮るっ といったはずかしい事までしてしまいました。お金を払ってからわかったことなのですが、約3千円も払っているのに、写真代は入っていなかったのです! (怒) 「カメラ持ってきた?」 「は--?写真は撮ってくれるんじゃないの?」 「カメラ持ってきてないんだったら、使い捨てカメラあるから買えばいい よ。」 ・・・・・ 結局、使い捨てカメラで写真を撮るはめに、それも、等身大ヨン様の写真マネキンの横に並べられて…..。

コースが決まったら、まず、ドーム型の高温サウナ 汗蒸幕 に入って、汗をだします。ここで、丸裸になり(噂には聞いていたので、落ち着いて)高麗人参風呂、緑茶風呂で汗を流します。いよいよ 垢すり  です。浴場の一角に設置されたシンプルなアカスリ台にのぼり、黒いランジェリーのおばさんが、一生懸命ごーしごーしやってくれます。垢すりが終わると引き 続き、きゅうりパック、洗髪、マッサ−ジがあり、一応基本コースはこれで終了。エキストラで、足のマッサ−ジやうぶ毛とり、マッサ−ジ、ネイルなどいろい ろあるようです。

この汗蒸幕で すが、ツア−本によると 「万病に効く民間療法として昔から韓国で使われきた地熱穴を現代に再現したドーム型の高温サウナ。松の木をくべて温められた汗蒸 幕内部は上層部で約700〜800度、中間は約500〜600度、下層は約90〜150度にもなる。そのため麻の布を頭からすっぽり被る、もしくは下にひ いて中に入る。効果的な入り方は、体質や体調に合わせて「4〜5分中に入ったら15〜20分休息をとる」というパターンを何回か繰り返すこと。こうするこ とで新陳代謝が活発になり、身体の中の老廃物が汗と一緒に除去され、さらに心身ともにリラックスできる」 との事です。

感想:こちらに住んでいる韓国のお友達が 「I miss AKASURI」 とよく言っていましたが、ホント、癖になりそう。しばらくはお肌も10歳ぐらい若返ったようにスベスベでした。シドニ−のキングスクロスに行けば韓国式垢すりがあるそうなのですが..。

Sumi

    


2007年6月


先日、日本へ一時帰国した折、友達と韓国まで行って来ました。
大阪から飛行機で約1時間半という隣国にありながら、食べる物はもちろん、生活様式、言葉、考え方が全く違う国である韓国は、私の中では、「近くて遠い国」でしたが、一度は行ってみたいと思っていました。
ここオ−ストラリアで、私は何故か、よく韓国人に間違われます。韓国人女性はお肌もつるつる、スリムで美しいと評判なので、これは喜ぶべきことなんでしょうが…この事もちょっと確認もしに行きたかったしね。
(現地の人には、「あなたは日本人に見える」 といわれました。)

今回、母が子供の面倒を見てくれたので、なんと子供抜きの女2人旅、ア---何十年ぶりでしょう。それだけでも命の洗濯!

韓国人の友人や、既に韓国へ行ったことのある日本の友人達から、大体の情報は得ていたので、近代的な韓国を見ても、それ程驚きはありませんでしたが、ちょっと街を廻ると、あるあるおもしろい事が一杯。
夕方になると、飲食店の立ち並ぶ繁華街はもちろん、ビジネス街に、どこからともなく屋台が出てきます。本当 「出てくる」 と言う表現がぴったりで、昼間どこかに隠れていた屋台たちが、夕方5時ごろともなると出てくる、出てくる。ぶらぶら歩いていようものなら、後ろから追突されるぐらいの勢いで屋台が走ってきます。。
屋台は一旦場所が決まると、あっという間に商品が並べられ、いよいよ呼び込みが始まります。洋服、靴、雑貨はもちろん、食べ物屋も結構あって、トッポギ、 おでん、チジミ、韓国風焼き鳥、揚げたてちくわなど様々な物が売られています。特にこの 「ちくわ」。 作り方が豪快で、例えると、土塀を作る時、しゃか ん屋さんが使うような板の上で魚のすり身がこねられ、油の中につぎつぎと放り込まれていきます。ポヨヨ――ンと湯気のたった揚げたてはとっても美味しいそ う!! 残念ながらこれは食べ損ねました。

さて、この若者達がたむろす る繁華街には、韓国料理の店ばかり! 日本ならファ−ストフ−ドを始め、ピザ、ファミレス、イタリアン、中華などの店が所狭しと混在しているところでしょ うが、ここは圧倒的に焼肉を始めとする韓国料理店がほとんど!若者もファーストフ−ドよりみんな韓国料理が好きなんでしょう。そう言えば若い子でも、食事 はしっかりとっている気がしました。街を歩く若い女性はみんなスマ−トでお肌のきれいな人が多いし、男性は骨格、特に首が太い人が多く、 「きっとこれは 韓国料理のなせるわざなのだ。」 と一人納得。日本の若者もファ−ストフ−ドを辞めて日本の伝統食をしっかり食べていれば、自然にスマ−トになれるので は、ちょっと老婆心



2007年4月

我家の庭に、パッションフル−ツの木があります。
定期的に肥料をあげるわけでもなく、いわゆるほったらかし状態。
それにもかかわらず、100個ぐらいの実が常にたわわになっています。写真のようなきれいな、花が実になり、3週間もすると卵大に成長します。緑から紫色になったら熟した証拠です。我家の庭を徘徊しているポッスンと競い合ってせっせと集めています。

半分に切ってヨ−グルトやアイスクリ−ムにかけるも美味しいですが、友達からいいことを教えてもらいました。
パッションフル−ツティ−!
至って簡単、かつ 美味しい、とっても優しいお味で、リラクゼ−ションになるわ--! 是非お試し下さい。

〈作り方〉
パッションフル−ツを半分に切り、中のパルプをティ−カツプに入れる。砂糖を好みで入れ、熱い熱湯を注ぐだけ



2007年3月
早いもので、3月に突入しました。
例年の如く、3月3日ぎりぎりにお雛様をだし、あ、これで、うちの娘もまた行きそびれるのかとため息・・・・

さて、いつも、私の仕事をサポ−トして下さっているTomoko-sanが、先日、女の子を出産されました。'Well Done!!'
今が人生の華!! オムツかえ、授乳、授乳、オムツかえ……..。
しばらくは、夜と昼が逆転したような日々(?)が続くかもしれませんが、がんばって!!



2007年2月
バレンダインデ−が近づいてきました。日本では、ありとあらゆる工夫を凝らしたチョコレ−ト商戦の開幕というところでしょうか。こちらオ−ストラリアは、性別にかかわらず、赤いバラの花束を贈ったりする(この日は花束の価格が高騰します!)程度で、静かなものです。
 
さて、チョコレ−トと言えば、チョコにダイエット効果がある(?)とかないとかで、チョコレ−トの原料となるカカオ豆の値段が高騰している地域があるそうです。
 
カカオ成分に期待される健康作用(日経ヘルス参照)は
◆糖尿病予防(インスリン感受性の改善-ひいてはダイエット効果?)、血栓の予防、胃のピロリ菌減少、便通改善、肌に対する紫外線の害を減らし、保湿力を高める。
これらは、カカオ含有率の高いハイカカオチョコレ−ト(含有量50%以上)に期待されるそうですが、いかに?
私自身、チョコレ−ト大好き人間です。若い頃は”目覚めの1個”ではないですが、起きたら必ず枕もとのチョコレ−トをまず一口が習慣になっている時期がありました。
 
健康効果が期待できるハイカカオチョコレ−トですが、カロリ−はやはり高め。100gで約500KCAL、ラ−メン軽く1杯に相当します。食べすぎにはご注意を。

2007年1月

新年あけましておめでとうございます。

毎年感じることですが、オ− ストラリアでのお正月はなんともあっけないものです。大晦日は、深夜の花火、パ−ティ−、乾杯でザワザワ、ワイワイと年があけ、元旦は、数週間の疲れを癒 すようにどこもかもが静まりかえっています。日本人にとってお正月は、もっと強い個人々の思い入れや伝統があると思いますが、よっぽどそれらを意識しない と“何となく今年も明けたね”で終わってしまいます。

我家は、大晦日は花火を街に見に行きました。テレビで見るより断然迫力があり、感動しました。最後は涙がツツ…..歳をとると涙腺がゆるんで嫌ですね。
お正月三ケ日は、お雑煮と簡単なお節でお祝いをしました。お屠蘇はさすがに用意できませんでしたが、代わりに豪酒で乾杯。子供たちにもお酒を舐めさせ、これが伝統よ!?ととりあえず日本のお正月をわかちあいました。

本年もよろしくお願いいたします。


Seeson's Greetings 2006年12月

いよいよクリスマスシ−ズンの到来です。どこもかもが殺気だってきました。また、このパ−ティの多い季節、ポリちゃん(警察)も昼夜となく徘徊?していますので、お気をつけあれ!

パ−ティ−といえばこちらオ −ストラリアでは、人を招待した場合、ホストも会話に出来るだけ参加するというのがマナ−になっています。日本のようにホスト側の奥様がキッチンにこもり きってしまうとゲストにも気を使わせ、またしらけた雰囲気にもなりかねません。かといって、作りおきした冷めたお料理だけというのもちょっと…。
そういう場合に役立つのがオ−ブン料理です。あらかじめサ−ブする時間の予定さえたてれば、その時間を計算してオ−ブンに入れるだけ。温かいお料理をあせ らず余裕をもってサ−ブできますよね。また、オージ−お得意のBBQも立派なおもてなし料理だと思います。いつものステ−キをちょっと一工夫、たとえば、 サイコロに切った肉をマリネ−ドしておき(オリ−ブオイルだけでもOK)、串にさしたり、(ロ−ズマリ−の枝葉を刺すと香りがよくなるし、とてもおしゃ れ)、魚をバナナの皮&アルミフォイルで包み蒸し焼きにするのも目先が変わっていいですよね。

本年もいろいろお世話になりました。
今年は何事もなく無事終われそうです。皆様におかれましても来年が健康でかつ飛躍の一年になりますようお祈りしています。



2006年11月 No 2

先日日本人学校のFETE(バザー)で、クッキ−3種類チョコレ−トサラミ、そしてチョコレ−トデイップを販売しました。

チョコレ−トサラミは、えみちゃんとルビちゃんのアイディアでした。
計画段階で、えみちゃんとルビちゃんの二人が 「これを作りたい」 と、本を図書館から借りてきたときは、「う-ん、チョコレ−トふんだん....材料費 が.....。当日暑いとチョコレ−トが溶けてグチャチャになるかも......」 などと一寸躊躇したのですが、やはり子供達が自主的に考えたアイディ アは大事にしたいと思い、まずはサンプルを作ってみました。

作ってみると 「とっても美味しい!このアイディアいける!」と確信。 サラミと言っても、これはチョコレ−トを溶かし、生クリ−ムと砕いたビスケットを 混ぜたもの。ラップを使い円筒形にまとめると、つぶつぶのビスケットがまるでサラミの脂のように見えるのです。
結果は大成功! 当日は、あっという間に完売。
大人の視点で考えると、どうしてもおきまりのお菓子になってしまいますが、子供達のアイディアはすごいですね。


        

クッキ−は、2年生の、ゆきちゃん、りさちゃん、あいちゃん、えりなちゃん、えみりちゃん、あすかちゃん、セ−ラちゃんに作ってもらいました。皆、それぞれが作ったクッキ-を袋詰めし、自分の名前のステッカ−を貼りました。
当日、お天気は”いまさん”でしたが、商品は全て完売!! みんな大満足! また来年も挑戦しようね。


2006年11月 No 1

夏日になったかと思えば、急に寒くなり、あまりの気温差に体の調子を崩す方もいらっしゃるのでは?
洋服もこの気候にあわせて、ノ−スリ−ブから厚手のジャンパ−と、”衣替え”という言葉はこの国では死語ですね。
 
さて、先日女友達7人でHunter Valleyに遊びに行ってきました。
日頃忙しいママ達にも、たまには、旦那&子供抜きのストレスフリ−時間が必要なのです。

Hunter Valleyはシドニ−から車で約1時間半の近郊のワイナリ−で、大小合わせると、120を超えるワインセラ−が点在しています。
ここHunter Valleyは、近年ますます開発が進んでおり、ワインの他にも食事、チ−ズ、オリ−ブなども楽しむ事ができます。今回宿泊したCypress Lakes Resortは、テニスコ−ト(2面)、プ−ルの他にもゴルフ場が隣接しており、スポ−ツを楽しみたい方にはうってつけです。
さて、肝心な食事ですが、どこへ行ってもレベルが高く、大満足でした。
今回立ち寄ったレストランを数件紹介します。

●Pipette Restaurant(Cypress Lakes Resort内): TEL 4993 1555
Cafe Enzo(地元の方推奨): TEL 4998 7233
Robert's Restaurant: TEL 4998 7330


ワイナリ−での楽しみの一つと言えば、その土地でしか買えない掘り出し物?のワインを見つける事です。
小さなブテックワイナリ-も多数あり、友人達は、お土産にしっかりボックスでワインを買っていました。これはもちろん、お留守番しているやさしいご主人様のためですよね?!

2日間の旅もあっという間に終わり、その日の夜の献立を考えつつ、シドニ−の帰途についた私達でした。


2006年10月

こちらオ−ストラリアの学校は1年を4期で分けているため、スク−ルホリデ−(長期休暇)が年に4回あります。
タ−ム(期)によっては8週間学校に行っただけで、また2週間の休みになることさえあり、「え--また!!」と思う親御さんの気持ち、お察しします。

では、子供たちはスク−ルホリデ−中何をしているのか?
日頃の習い事に疲れて家でゆっくりする家族、スク−ルホリデ中に企画されているありとあらゆるアクティビティ−、テニスキャンプ、映画鑑賞1日ツア−、 サッカ−クリニック、絵画教室などに参加する子供たち、また、この期間を利用して旅行に行く家族。家族旅行といえば、オ−ジ−って子供のスク−ルホリデ− に合わせてよく長期休暇をとるのですよね。
大事なプロジェクトの真っ最中であろうが、期限切れの仕事をかかえていたとしても、「じゃ、この続きはホリデ−後で」と言ってしまうところがすごい!
また回りもそれならしょうがないと認めているところもすごい!
ポジティブに考えると、このぐらいの余裕をもって人生は歩むべし、ということでしょう。
 
さて、今回、私たちの家族はゴ−ルドコ−ストとサンシャインコ−ストに遊びに行って来ました。
ちなみに主人は日本人ですが、すっかりオ−ジ−しています。はい。
 
今回の旅行のお薦めスポット
Wet'n Wild(Gold Coast):新しい乗り物が増えており、おとなも楽しめる。特に”TORNARD"は最高!!
Dream World(Gold Coast):乗り物を楽しむならここが一番。"Giant drop""Tower of terror""The claw" などはおとなも冷や汗タラ−リ。小さい子供さんには”Wiggles World  "等もあり、一応全ての年齢層の子供たちはカバ−している。水を使った乗り物も多少あるので、水着を持っていった方が無難。
Austrailan Zoo(Sunshine coast):先日亡くなったスティ−ブの動物園。スティ−ブがいなくなった今、あれだけ広い敷地をどうやって維持していくのかちょっと心配。しかし、ス タッフもフレンドリ−だし、ワニやトラのショ−は迫力。シドニ−にあるタロンガ−ズ−が動物鑑賞を楽しむズ-なら、ここはお弁当でも持って1日ピクニック 気分を楽しめる動物園。



2006年9月

暖かな日が増え、箒のようだった木の枝に花がポチポチ咲き始めました。
これからの季節、ピンク、赤、白、紫とそれはそれは美しい、色とりどりの花が楽しめます。
ただこちらの花は節操がなく、桃、梅、桜(のような花)、つつじ、さつき等が一遍に咲いてしまうのですから、
なんかもったいない!! 花の命は短いのに。


命が短い・・・ と言えば、先日、クロコダイル・ハンターで有名な Steve Irwin が44歳という若さでなくなり
ました。
それも彼が、一生を捧げた自然動物(スティングレイ)からの一撃で・・・・・。
特別に彼のファンではなかった私ですが、惜しい人を亡くしたというか、寂しい気持ちで一杯です。
彼の素晴らしい行動力、テレビのスクリ−ンからにじみでてくる温かいパ−ソナリティ−、もう彼の笑顔を生で見られないのかと思うと、大変残念です。


久方のひかりのどけき春の日にしづこころなく花のちるらむ


2006年8月

珍しく、雨の多いシドニ−からです。
依然、水不足に替わりはありませんが、ダムの貯水量が50%になったとか?
これは、シドニー市民にとって、とってもいいニュ−スです!

先日、Surry Hillsにある「Longrain」 www.longrain.com.au というモダンタイに行って来ました。

内装: おとなっぽく、シックで素敵。
盛り付け: 豪華でかつ繊細、普通のタイ料理とは少し違うかな? 
お味: タイの調味料、ハ−ブをうまく利用していてとても美味しい!! 

また素材の味が活かされており、シェフのレベルの高さが伺われます。
ちなみにヘッドシェフのMartin Boetsは本も出版しており、レシピ通りに作ると、お店の味が再現できると
私の友達は褒めちぎりでした。

ディナ−は 「おこちゃまはちょっとお邪魔!」 という雰囲気でしたので、是非、仲のよいお友達どおし、夫婦水入らずで試されては?


2006年7月

ここ何週間か、とっても冷え込んでいるシドニ−からです。
ワ−ルドカップ観戦のため、夜な夜な起きていらっしゃる方、ご苦労様です。
私は温かいベッドから起き出すというのがとても難儀で、テレビのハイライトで、なんとか世の中の話題についていっている状態です。
 
寒い夜といえば、生姜湯なんて体が温まっていいですよ。
胃腸の負担が少なく、次の日もすっきり。

<作り方>
薄くスライスした生姜に、生姜の倍量の砂糖をふりかけ一晩おきます。
生姜からの水分でお砂糖は溶けているはず。
そこに少量の水を加えて一煮たちさせます。
お湯でわれば生姜湯、ソ−ダ−ウォ−タ−でわれば、手作りジンジャエ−ルです。


2006年6月

並木の紅葉もほとんど終わり、シドニ−もちょっとだけ寒い冬を迎えようとしています。
先日、友人に連れられてHaberfieldに行ってきました。位置的にはLeichhardtの隣のサバ−ブで、イタリア人が多い町です。
ポチポチと今風のレストランも増えつつあるようですが、今だに通りの両側に、デリ、パスタ屋、ピザ屋、パン屋、ケ−キ屋、チ−ズ屋などが並び、コマ−シャルナイズされていない所が魅力です。

[Paesanella]というチ−ズショップで"Caramelised Tomatoes"というものを買ったのですが、なんともいえなく美味しかった。バルサミックビネガ−がまったりとしていて、溜まり醤油に砂糖を少しいれてトマトを煮込んだような味で、日本人の味覚にあうのではないかな?また、マスカルポ−ネとブル−チ−ズをケ−キのような層にした"Mascarpone Reale"というのは、ブル−チ−ズをスム−スに、かつリッチにしたような味で、イタリアの固いパンを薄くスライスしたものの上に塗って頂くととっても美味でした。

近くを通りかかるチャンスがあったら、是非立ち寄ってみてください!


2006年5月

朝晩の冷たい空気が、本格的秋の訪れを感じさせる今日この頃です。
寒くなる前にもう一度ということで、先日友人9家族と共に、KillalesState Park(02-42378589/Shellharbour)にキャンプに行ってきました。シドニ−から南に90km、車で約1時間30分と大変近場のキャンプ場です。
ここはサ−フビ−チとしても有名で、サ−フィンを始めとする、種々の海の アクティビティ−を楽しめます。屋根付きのBBQエリアは大変広く、電気BBQ台が5-6台、水道シンク3台、パワ−ポイント、椅子つきの大きな木のテ− ブルが何台かあり、食事を作るのにも食べるのにも不自由しません。また、最近は、ほとんどのキャンプ場で焚き木が禁止されていますが、今回はOKでした。
夜は火を囲みながら焼き芋、焼き栗、焼きリンゴに舌鼓をうちました。子供たちはマシュマロを木の枝にさして焼きマシュマロと大喜び。
なかなかお薦めのキャンプサイトです。チャンスがあったら是非一度行ってみてください。
詳細はこちら http://www.killalea.org.au/
  
 




当ページに記載されている内容や画像を無断で複製・転載・使用することを禁じます。
Copyright (c) 2012 Sumi's Kitchen. All Rights Reserved.